生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
ロッタちゃんのひっこし
ロッタちゃんのひっこしロッタちゃんのひっこし
(1985/12)
アストリッド=リンドグレーン
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
みんなが ロッタを いじめる

つい このごろ、五さいの たんじょう日を むかえたばかりの
ロッタは、 あるあさ、もんくやどおりの いえで、
はじめっから ぷりぷりして 目をさましました。
きにくわない ゆめを みたんです。おばかさんの ロッタは、
ゆめで みることを、ほんとうの ことだと おもってしまいます。
それで おこった わけなんです。

絵本ナビ配本 2~3年生コース
出版社より 対象年齢 小学初級から

小学2年生におすすめの幼年童話。アンデルセン賞作家リンドグレーンの傑作です。移り気で自己中心的な幼児の姿が生き生きと描かれていて、スルスルと読めます。

当時小2の娘も「おもしろい!」と言って、一気に読みました。ロッタちゃんが屋根裏部屋に自分の部屋を作ろうとする場面は、娘の心をとらえたでしょうね。まだ自分の部屋を持っていない娘は、夢いっぱい。さぞ共感したことでしょう。

麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』のなかで、おすすめの一冊として推薦されていました。

小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚

こちらは、続編です。前編と雰囲気が違い、淡々と語られるので、少し退屈でした。文章量は多くなります。

ちいさいロッタちゃん
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌