生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
マジック・バレリーナ (1) デルフィと魔法のバレエシューズ
マジック・バレリーナ (1) デルフィと魔法のバレエシューズマジック・バレリーナ (1)
デルフィと魔法のバレエシューズ

(2009/12/10)
ダーシー・バッセル
新書館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
プロローグ

 やわらなか、あわい光につつまれながら、少女はうつむき、両手をかるく前でかまえて立っています。
 一瞬、あたりがしんとすると、音楽のさいしょのしらべがながれはじめました。どこかで、聞いたことがあります。でも、それははるかとおくにある、もうひとつの世界―魔法にみち、心ときめく世界―ではなかったでしょうか。目をとじて気もちをこめれば、だどりつけそう、と少女はいつもおもっていました。きっと、こんどこそ……。
 音楽が体じゅうをかけぬけたとき、少女は両腕を頭の上にさっとあげ、つま先立ちになり、踊りだしました……。

小学2~3年生の女の子におすすめの童話。「マジック・バレリーナ」シリーズマジック・バレリーナは全6巻。元英国ロイヤルバレエ団のプリマ・バレリーナ、ダーシー・バッセルが贈るバレエ・ファンタジー。魔法のバレエシューズをはいた女の子が、魔法の国へ冒険の旅に出ます。

毎巻、バレエの名作が織り込まれています。第1巻は「くるみ割り人形」。ストーリーが複雑でなく、低学年でも簡単に筋を追えて楽しめます。薄い本なので、物語に入り込んでいるうちに、すぐに読めてしまいます。

検索キーワード: 童話
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌