生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぞの転校生
なぞの転校生なぞの転校生
(2004/02/13)
眉村 卓
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
異様な少年

よく晴れた日曜日だった。
朝食が終わると、広一はすぐバットとグラブを出して、
でかける用意をはじめた。
「あら、どこへ行くの?」
母がたずねる。
「クラス対抗の試合なんだ。」
広一はちらっと時計を見ながら答えた。
「早く行かなくっちゃ。」
「勉強したの?」
「広一が自分で責任を持つさ。」
奥の部屋で新聞を折り返しながら父がそういった。
「こんな団地住まいじゃ、せいぜい運動でもしないと
体がなまってしまうからな。」
「行ってきます。」

出版社より 対象年齢 小学上級から

小学校高学年におすすめのSF小説。息子(当時小5)が言うように「ちょっとこわい」学園もの。読みやすいのであっという間に読めます。前書きで指摘されているように、「自分と違う人々や自分が考えもしなかったような事柄に対して、人はどうあるべきか」を考えさせられました。

検索キーワード: SF小説
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。