生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つばさをちょうだい
つばさをちょうだいつばさをちょうだい
(2008/05)
ハインツ・ヤーニッシュ
ゼルダ・マルリン・ソーガンツィ
フレーベル館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ぼくが にわで てんしを かいていると……

2003年ウィーン児童文学賞受賞作品
出版社より 対象年齢 幼児から

絵が美しいドイツの絵本です。絵本を開いてビックリしました。評判どおり。あまりにも絵が綺麗で感動しました。

男の子が天使に翼を描いてあげるお話なのですが、型にはまらない自由な発想で、次から次へと素敵な翼が生まれます。

なんて伸びやかな絵本なのでしょう。読み手の心も、あらゆる束縛から開放されたように、空へ飛び立っていくようです。

検索キーワード: 絵が美しい
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。