生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だれがはみがきをするの?
だれがはみがきをするの? (質問が大好きなこどもとよむ本)だれがはみがきをするの?
(2008/09)
フレッド・エールリヒ
学習研究社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ライオンは はを みがくの?

幼い子どもに、歯磨きの大切さを教えてくれる知育絵本。著者は、小児科医で子どもの精神科医として、アメリカで何十年とアドバイスを行いながら、たくさんの子ども向けの作品を書いている人気作家。

子どもに親しみのある動物のお話から始まるので、入りやすいと思います。科学的な要素はあるにしても、どうして歯磨きが大切なのか、論理的に書かれていません。いや、論理的に説明すれば、おのずと文字数は増え、この絵本の魅力は半減してしまうでしょう。

従って、当時小3の娘にも私にも、物足りない内容でしたが、対象年齢が違い過ぎましたね。絵がかわいらしくて好きです。

こちらもおすすめです。

はみがきあそび (あかちゃんのあそびえほん)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。