生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おんどりとえんどうまめ
おんどりとえんどうまめ―ロシアの昔話よりおんどりとえんどうまめ
―ロシアの昔話より

(2006/09)
宮川 やすえ、岩本 康之亮
ひさかたチャイルド
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ある ところに、おんどりと
めんどりが すんでいました。
おんどりは いつも
せかせかしていました。
めんどりは そばから
せわを やきます。
「そんなに いそがないでよ。
もっと ゆっくり たべてよ。」

出版社より 対象年齢 4・5歳から

ロシアの有名な昔話だそうです。昔話らしく、繰り返しが多用され、安心して読めます。お話がピンポイントで幼い子にわかりやすいのがとてもいい!これなら読み手は何度も読み聞かせしたいと思うでしょう。

鮮やかな色彩の絵も魅力です。登場人物たちが生き生きと迫力いっぱいに描かれています。

検索キーワード: 動物 にわとり ロシアの昔話
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。