生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
ドラゴンが教室にやってきた!
ドラゴンが教室にやってきた!ドラゴンが教室にやってきた!
(2010/04)
ジューン・カウンスル
日本標準
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
1 テストなら、まかせといて!

月曜日の朝です。サムは小学校へ行く道を、しょんぼりと歩いていました。
サムがしょんぼりしているのには、わけがありました。一時間目に、サムのだいきらいなスペリングのテストがあるのです。スペリングというのは、英語のつづり字のこと。ボールだったら、「BALL」と書く、テストのことです。サムは、これがだいの苦手でした。はやく行かないと、ちこくしてしまいそう。でも、いそぎたくても足がさっさと動いてくれないのです。
そのとき、なにかがきらっと光りました。公園のブランコのあたりで、なにやらきらきら光るものが、くるくるまわっているのです。なんだろう?サムは、いそいで見にいきました。

出版社より 対象年齢 中学年向き

小学3、4年生におすすめの本。魔法が使えるドラゴンのお話です。とっても愉快で心温まるエピソードがつまっています。娘(当時小3)も「おもしろい!」と絶賛。後書きには、児童文学作家の岡田淳さんのメッセージが!とてもぜいたくですね。

続編です。

ドラゴンとみんなの新学期!
スポンサーサイト