生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーザンはね…
スーザンはね…スーザンはね…
(2002/10)
ジーン・ウィリス、トニー・ロス
評論社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
スーザンはね、くすくす わらったり、
おおごえで うたったりするよ。

出版社より 対象年齢 幼児~

たとえハンディキャップを持っていても、生き生きと笑ったり、泣いたり、遊んだりします。みんな同じなんだ、ということを教えてくれる絵本。いや、「教えてくれる」というよりは、理屈抜きに心に響く良書です。

最後のぺージがとっても素敵。「あなた」というところに、自分の子どもの名前を入れて読むと格別です。どんな時も自分は自分でいいんだ、自分らしく生きることはとっても素敵なことなんだと感じてくれるでしょう。

Susan Laughsこちらもおすすめ

Susan Laughs

英語版です。シンプルな言い回しは使えます!


検索キーワード: ハンディキャップ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。