生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
のらカメさんた
のらカメさんたのらカメさんた
(2004/10)
のむら かずあき
小峰書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
すてられた イヌは、のらイヌって いうだろ。
ネコなら、のらネコだよな。だから、おれ、のらカメ。
はしの 下に すてられて、きょうから、
のらカメだ。
ミドリガメの さんた。これが、おれの 名まえ。
「にんげんの、ばっかやろーっ!こんなとこに、
すてやがって。二どと、ペットなんか、
なってやるもんかーっ!」
川にむかって さけんだら、すかっとした。

全国学校図書館協議会選定
出版社より 対象年齢 小学校低学年から

大きな文字の幼年童話。一人で読み始めた小学1年生におすすめです。捨てられたミドリカメのさんたは、飛べないすずめの手助けをすることになります。そこにカラスがやってきて…。ユーモアたっぷりのお話。前向きにたくましく生きようとするさんたに力をもらえます。

のらカメさんたのまけてたまるかこちらもおすすめ

のらカメさんたのまけてたまるか

続編です


検索キーワード: 幼年童話
スポンサーサイト