生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くつしたのはら
くつしたのはら (5領域絵本シリーズ)くつしたのはら
(2009/11)
村中 李衣、こやま こいこ
日本標準
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
たいふうが とおった あとで
かぜが すこし つよいけれど、
きょうは いい てんき。
たいようぐみは、ごきげんはらっぱまで おさんぽに でかけます。
ながぐつを はいて、
そのうえに いえから もってきた
ふるい おとなの くつしたを はきました。
「へーんなの。くつしたは、あしに はくんだよ」
「みてみて、ぼくのは おとうさんの くつした」

絵本で読み聞かせし、その後、絵本で学んだことを実際に遊びながら体験できるシリーズの一冊。山口県・梅光学院幼稚園による「くつしたのはら」の実践記録が絵本になりました。

野原で遊んだ後は、くつしたを植木鉢に植える!?娘(当時小3)と二人、目をまんまるにして驚きましたが、結末に納得。幼稚園で実際に試した写真が冊子として付いていて、どちらかと言えばそちらの方を熱心に見ていた娘でした。「自分もやってみたい!」という好奇心を刺激する良い絵本です。

検索キーワード: 自然 知識絵本
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。