生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たべることはつながること―しょくもつれんさのはなし
たべることはつながること―しょくもつれんさのはなしたべることはつながること
―しょくもつれんさのはなし

(2009/05/01)
パトリシア・ローバー
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
いもむしが りんごの はっぱを たべています。
すると みそさざいが
いもむしを みつけて たべました。
そこに たかが やってきて
みそさざいを つかまえて たべました。

出版社より 対象年齢  5・6才から

食物連鎖を教えてくれる科学絵本。読み終わると娘(当時小3)が即座に「勉強になりました!」とかしこまって言ったので、感激しました。

食物連鎖と言えば、最終的につわものも土にかえって、結局はぐるぐる循環するような観念があったのですが、この絵本にはそうは書かれていません。別のものの見方に刺激を受けました。

後半のラッコの話は、環境破壊について考えさせられました。植物や動物を大切にすることは、自分自身を大切にすることという結論。読みごたえがあって、知的好奇心を満たしてくれる良書です。

検索キーワード: 科学絵本 知識絵本 食育
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。