生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パトカーのピーすけ
パトカーのピーすけパトカーのピーすけ
(1992/11/01)
相良 敦子、柳生 弦一郎
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ピーすけは、ゆっくんの いちばん さいしょの おもちゃです。
ゆっくんが あかちゃんのときから、いっしょに います。

出版社より 対象年齢 4才から

おもちゃのパトカーピーすけが公園に置き去りにされてしまうことから始まる冒険物語です。ハラハラドキドキしますが、最後はホッと安堵感に包まれます。ものを大切にする心を育てるよいお話だと思いました。こういう絵本を子どもたちに長く読み聞かせてあげたいな。

文章がたっぷりあるページもありますので、小学生でも読んだ後の充実感があります。娘はすでに当時小3でしたが、この絵本が大変気に入りました。小さいお子さまなら、長いページはセリフだけを読んであげてください。幼児教室で教わった読み聞かせの秘訣です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。