生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
となかいはなぜサンタのそりをひく?
となかいはなぜサンタのそりをひく?となかいはなぜサンタのそりをひく?
(1994/11/07)
モー・プライス、アツコ・モロズミ
岩波書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺ-ジ】
ずっとむかし、よあけのもりのなかを、サンタ・クロースと、
ようせいのエルウィンが、はしっていました。
「いそげ、エルウィン、もうすぐ、ひがのぼる。
クリスマスのあさだぞ。」
サンタ・クロースがいいました。

出版社より 対象年齢 小学1.2年以上

クリスマスに読みたい絵本。どうしてトナカイがサンタ・クロースのそりをひくようになったのかを教えてくれます。

なんといっても、絵が美しいの一言!品があります。トナカイがそりをひいて空を飛んでいる最後のページは、とても綺麗で、感動しました。

お話も難しくなく、文章も適度な長さで楽しめ、何度も読みたくなります。淡い色彩ながら、大判なので、おおぜいへの読み聞かせにもぴったりだと思いました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。