生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ねらわれた学園
ねらわれた学園 (講談社 青い鳥文庫fシリーズ)ねらわれた学園
(2003/07/15)
眉村 卓
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
1 黒板の落書き

新学年がはじまって何日か過ぎた―日のあかるい朝である。
いつものとおり、母にさんざんうながされてからベッドを出た関耕児は、あわただしく服を着、トーストをかみくだした。
「ほんとうに、もう少し余裕を持って起きればいいのに・・・・・・・朝寝坊のクセまで、とうさんそっくりなんだから。」
母が文句をいう。
もちろん父は、知らないふりをして、朝刊を読んでいた。
「行ってきます!」
耕児は飛び出した。
出たところは、左右に伸びる廊下である。この八階建ての南大阪団地は、一階が商店で、二階からが住居で、中央に、エレベーターホールと主階段があるのだ。

小学校高学年におすすめ。何度も映画化・テレビドラマ化されたSF小説です。ジリジリと追い詰められて、息がつまるような『怖さ』がありました。自分と違う立場から物事を見ることを教えられます。私は眉村卓さんの作品のなかでこれが一番好きです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。