生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
サポーターはサイボーグ
サポーターはサイボーグサポーターはサイボーグ
(2004/12)
藤田 千津
文研出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
1 ジッチャマン誕生

「おじいちゃんは、サイボーグなんだ!」
そのことを知ったのは、ほんのひと月前。ぼくが九歳になた九月のことだ。
大学病院で、むねの大手術をすませたおじいちゃんが、退院してすぐ、ぼくんちへやってきた。
大すきなおじいちゃん、ぼくと気が合うおじいちゃん。おじいちゃんは、ママのお父さんだよ。ふだんは、となり町に住んでいる。ぼくが生まれる前に、おばあちゃんを亡くして、それからずっとひとり。料理でもなんでも自分でやってきた。でも、病気のときはべつ。元気になるまで、ぼくんちで養生することになったんだ。

2005年 千葉県課題図書 対象:小学校中学年
全国学校図書館協議会選定図書

出版社より 対象年齢 小学校中学年向き

小学校3年生におすすめの本。心臓が悪くて、ペースメーカーを入れる手術をしたおじいちゃん。手術後、元気になったおじいちゃんは、「わしは、子どものみかた、サイボーグ・ジッチャマンや」と明るく言います。病気のおじいちゃんを取り巻く優しい家族のお話は心を打ちました。娘も当時3年生で読みました。ぜひ子どもたちに読ませたい本です。
スポンサーサイト