生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パパとニルス もっとおおきくなったらね!
パパとニルス もっと おおきく なったらね!パパとニルス もっと おおきく なったらね!
(2010/07/21)
マーカス・フィスター
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ちいさな かばの ニルスは、パパが だいすき。
あさ、パパが コーヒーを のんで いると、
ニルスが いいました。
「ねえ、パパ、ぼくも、コーヒーを のんで みたいな!」
パパは わらって いいました。
「コーヒーは こどもが のむ ものじゃ ないんだよ。
もっと おおきく なったらね、ニルス。」

出版社より 対象年齢 3歳から

にじいろのさかな』で有名な世界的ベストセラー作家のマーカス・フィスターの新シリーズ。

にじいろのさかな

何でも大人のまねをしたがるカバの子とお父さんとのやり取りが心暖まる絵本です。子どもの願いを「だめ」と不遜にしりぞけずに、いつも少しだけ望みをかなえてあげるところが素敵だと思いました。また、だだをこねた時には、きっぱり「だめ」とパパらしく芯の通った言い聞かせ方をするところも気に入りました。子育てに役立つ絵本です。

続編です。

パパとニルス おやすみなさいの そのまえに
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。