生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マグナス・マクシマス、なんでもはかります
マグナス・マクシマス、なんでもはかりますマグナス・マクシマス、なんでもはかります
(2010/08)
キャスリーン・T. ペリー
光村教育図書
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかしあるところに、ものをはかるのが大すきなおじいさんがいました。なまえはマグナス・マクシマス。海辺の古い家に、たったひとりですんでいました。ものをはかるといえば、ふつうはウエストまわりや、子どもの背たけや、足の大きさをはかるものですが、マグナス・マクシマスがはかるのは、そんなありきたりなものばかりではありません。

出版社より 対象年齢 小学校低学年から

小学生におすすめの絵本。何でもはかったり、数えたりするのが大好きなおじいさん。ユーモアたっぷりに描かれていますが、最後はとても深く教訓的です。

とにかく絵が精巧で美しい。文章は長めです。たっぷりあるので、娘(当時小3)も満足そうでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。