生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリセンボンがふくらんだ
ハリセンボンがふくらんだハリセンボンがふくらんだ
(2008/11)
鈴木 克美、石井 聖岳
あかね書房
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
いまから 5おく年いじょう前、地球に 魚に にた 生きものがあらわれた。
それから 長い長い 年月のあいだに、
いろんな魚が あらわれては ほろんでいった。
いま海には、大きな サメから 小さなハゼまで、
きれいな魚、じみな魚、かわいい魚、おそろしげな魚、
ずいぶん さまざまな、たくさんの魚が生きている。
たくさんの魚! そうだ、水族館へ いってみよう。

出版社より 対象年齢 幼児から

小学生におすすめの科学絵本。娘(当時小3)も気に入りました。な、な、なんと!ハリセンボンがふくらむ仕組みを知って、親子でビックリ!トゲの秘密もわかってスッキリ。たっぷり読んで満足しました。

麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』のなかで、おすすめの一冊として推薦されていました。

小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。