生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サラガのバオバブ
サラガのバオバブサラガのバオバブ
(2008/05)
よねやま ひろこ
新日本出版社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
西アフリカ、ガーナの北にあるサラガの町です。
人びとの行きかう広場に、年老いたバオバブの木が立っていました。
ふとい幹には、たくさんの鉄のくいがうたれていました。
バオバブは、ハマターンにかすむ空を見上げ、若木に語りかけました。
「昔、この季節になると、町は、アフリカのいろんなところから
やってくる商人たちでにぎわったものだ。金や塩、コラの実や布、
牛や馬、他にもいろんな物を交換し合っていた。人間もいてな。
この鉄のくいにつながれ、物とおなじに交換し合っていた。
わしらが、今立っているここは、奴隷市場だったのだ……」

出版社より 対象年齢 幼児~小学校低学年向き

今から二百年以上前のアフリカの太平洋奴隷貿易を語った絵本。平和な村を奴隷狩りが襲います。何の悪いこともしていない人々です。親や兄弟と引き裂かれ、鎖につながれてアメリカ大陸へと売られた悲惨な歴史。憤慨せずにはいられません。

娘(当時小4)は、「あまりおもしろくなかった」と言っていましたが、とにかく奴隷貿易の歴史に触れてほしい。人権について何かを感じてほしいとの思いで、毎日読み聞かせました。息子(当時小6)にも渡して、読ませました。

子どもにもわかりやすい文章。絵もとても良かったです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。