生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
トンノのひみつのプレゼント
トンノのひみつのプレゼントトンノのひみつのプレゼント
(2010/12)
田中 きんぎょ、みやざき ひろかず
BL出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「ひみつの場所に、
早く行かなくっちゃ!」
子ブタのトンノは、
いきおいよく
とびらをあけると、
家の外にとびだしました。
「トンノ、ちょっとお手伝いして」
お母さんが声をかけました。
「ボク、用事があって……」
「あらあら、なんの用事?」
「それはそのぉ、だからそのぉ」
トンノは、口をもごもごさせました。

第26回ニッサン童話と絵本のグランプリ童話大賞受賞作品

子どもの気持ちがよく伝わってくる絵本でした。お母さんの誕生日にこっそりプレゼントを用意していたトンノ。それを秘密にしたいばかりに色々な人にうそをつき、罪悪感にさいなまれます。

お母さんへのプレゼントは、心のこもった素敵なプレゼントで、心が温まりました。最後に大泣きして終わるところが子どもらしい姿を印象づけていると思いました。

文章は長めに感じました。年長さん以上なら、じっと耳を傾けてお話を聞けると思います。また、行間から主人公の気持ちを「察する」こともできるでしょう。娘(当時小4)も気に入った作品です。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌