生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
綱渡りの男
綱渡りの男綱渡りの男
(2005/08)
モーディカイ・ガースティン
小峰書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
昔、ふたつのタワーがならんで立っていました。
高さは、どちらも400メートルほど。
ニューヨークの街でいちばん高い建物でした。

出版社より 対象年齢 小学校高学年から

2004年コールデコット賞受賞作品。1974年世界貿易センターに忍び込み、ツインタワーの間を綱渡りし、伝説を作ったフランスの大道芸人フィリップ・プティの実話に基づく絵本。

娘(当時小4)が「ゾクゾクした!!」と興奮して叫んでおりました。臨場感あふれる迫力ある絵に圧倒されました。それにしても、命綱なしで1時間以上も綱渡りをするなんて。「信じられない」の一言です。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。