生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョコレートと青い空
チョコレートと青い空 (ホップステップキッズ!)チョコレートと青い空
(2011/04)
堀米 薫、小泉 るみ子
そうえん社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
1 まさか!の一大事
まじで? うそでしょう?
ぼくの頭の中は、パニック寸前だ。
冬休みがスタートすると同時に、わが家にまさかの一大事がやってきたのだ。
その日の夕はんは、ぼくの好きなおでんだった。

2012年(第58回)課題図書 小学校中学年の部
児童文芸新人賞 受賞作品

出版社より 対象年齢 小学校中学年~

娘(当時小5)が「おもしろい!」と言って一気に読んだので、私も読みました。主人公は小学5年生の男の子。専業農家の子どもです。そこへガーナ人の研修生がやってきます。研修生受け入れをきっかけに、世界へ視野が広がる家族。

農業について、フェアトレードについて、子どもにも考えるきっかけを与えてくれる一冊です。実際に農業を営む著者の実際の経験から生まれた物語と知って感心しました。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。