生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スーパーキッズ
スーパーキッズ 最低で最高のボクたちスーパーキッズ
最低で最高のボクたち

(2011/07/15)
佐藤 まどか
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
飛行機のタラップを、ノロノロ降りる。
サッカースパイクに泥がもこもこにくっついたときみたいに、足がずっしり重い。
時差ボケってやつか。頭蓋骨の中には、脳ミソの代わりに綿がつまっているみたいだ。
家を出て、電車に乗って成田空港へ行って、子どもみたいに泣きだした母さんをなだめたおかげでボクが泣くタイミングを逃し、客室乗務員につきそわれ、搭乗した。
十二時間の長い飛行時間中、一睡もできなかった。映画を三本見て、ゲームをひととおりやって、機内食を二回食べて、本を読んだ。おかげで目が近所の酔っぱらいのオヤジみたいに、真っ赤に充血している。
パリには現地時間の明け方に着いて、まるで不法移民みたいにリュックやパスポートをさんざんチェックされたあげく、さらに何時間も待たされて、中型の飛行機に乗ってやっとイタリアに着いた。

出版社より 対象年齢 YA

小学校高学年におすすめの本。世界中から選ばれた“特殊な才能”をもつ子どもたちが大活躍する痛快ストーリー。

当時小5の娘が読み終わって「おもしろかったッーーー!!!」と大声で叫びました。薦められるまま私も読みましたが、私の好みではありませんでした。お話が想像もしない方向へ行ってアララと思いました。

しかし、つくづく、私の本の好みと娘の好みは違うことを実感(ハハ)。私と息子は趣向がよく似ているんですけれどね。

第2弾です(↓)

さらば自由と放埒の日々 スーパーキッズ2
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌