生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
ヘヴンリープレイス
ヘヴンリープレイスヘヴンリープレイス
(2010/07/02)
濱野 京子
ポプラ社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
すこしは期待があった。自分をリセットできるというか、そんな期待。
あたらしいまち、といっても、前にすんでいたところとは、たった三キロほど離れているだけなのだけれど、ぼくたちの一家は、この夏、ここに越してきた。
そこはありふれた新興住宅街で、同じような建て売り住宅が並んでいる。その一角のどんづまりがぼくの家だ。
前の家とは学区がちがうけれど、同じ市内だし、ぼくは六年であと二学期と三学期だけなので、転校しないで今の学校に通うことになっていた。三キロは歩くにはちょっと距離があるから、自転車通学をするつもりだ。雨の日とかはいやだなと思う。でも今は夏休みで学校に行く必要もないし、まあ、学校のことはその時考えればいいや、という気になっていた。
あたらしい家でいちばんうれしいのは、部屋が広くなったこと。それから音大付属高校に通う姉の真奈美の部屋が完全防音室になったこと。真奈美の部屋にはアップライトピアノがあるのだ。

出版社より 対象年齢 小学校高学年~

中学受験にピアノ、家族、友人関係の悩みを抱えた小学6年の少年のひと夏の成長物語。恵まれた環境にありながら、少年の孤独さ・モヤモヤした気持ちがひしひしと伝わってきます。

娘(当時小5)が「感動した」と言って私にも勧めてくれました。中途半端に終わった感があって、もうちょっと続きを読みたいと思いました。また、英太の秘密も明らかにしてほしかったです。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌