生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英国情報局秘密組織CHERUB(チェラブ)〈Mission1〉スカウト
英国情報局秘密組織CHERUB(チェラブ)〈Mission1〉スカウト英国情報局秘密組織CHERUB(チェラブ)
〈Mission1〉スカウト

(2008/02)
ロバート・マカモア
ほるぷ出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
1 理科
ジェームズ・チョークは理科の授業が大嫌いだった。理科というのは、試験管をあれこれいじったり、ガスを噴射させたり、教室中に火花を飛びちらせることのはずだった。少なくとも、夏の初めに小学校を卒業するまでは、そんな授業風景を思いえがいていた。それがどうだ。背の高い小さなスツールに一時間ずっと腰かけたまま、ミス・ヴォルトが黒板に字を書くのを眺めていなくてはいけない。それをいちいち書きとらなくてはいけない。コピー機ってものが、四十年も前に発明されているのに。
この授業が終わって、次の授業が終われば放課後だ。外は雨降りのせいか、もう薄暗かった。ジェームズは眠たかった。理科室は蒸し暑いし、ゆうべはプレステの『グランド・セフト・オート』にはまって夜遅くまで起きていた。
隣の席にはサマンサ・ジェニングズが座っていた。先生たちには理想的な模範生だと思われている。なにごとにも積極的で、制服はきちんとしているし、爪もきれいにみがいてある。図表やグラフは三色のカラーペンで美しく仕上げる。どのワークブックにも包装紙のカバーがかかっていて、えらくぱりっとして見える。

出版社より 対象年齢 ヤングアダルト

イギリスで120万部以上売れ、世界19カ国以上で翻訳。大ベストセラーのスパイアクション『チェラブ』シリーズチェラブの第1巻。息子(当時中1)がシリーズを夢中になって読むので、私も読みました。第1巻は、途中からだんだんおもしろくなってきます。おもしろくて、ページをめくる手がとまりませんでした。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。