生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
きょうりゅうかぶしきがいしゃ
きょうりゅうかぶしきがいしゃきょうりゅうかぶしきがいしゃ
(2012/09)
富田 京一、古沢 博司、山本 聖士
ほるぷ出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「はい もしもし。こちら きょうりゅうかぶしきがいしゃ です」

もしも現代に恐竜が生きていたら?恐竜の会社ができて、みんなの役に立つ仕事をしていたのかもしれない……という空想を、科学的見地をふまえリアルなイラストで再現した、楽しい絵本。巻末には恐竜の解説が詳しく載っています。

新聞で紹介されていたので興味を持ちました。恐竜好きでなくても楽しめます!最後のページ(オチ)にはドキッ!(お楽しみに)幼児、小学生におすすめです。娘(当時小5)は、「すごい発想!お話を書いた人はスゴイねー!絵もきれい~」と感心していました。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌