生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
脳を創る読書
脳を創る読書脳を創る読書
(2011/12/17)
酒井 邦嘉
実業之日本社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

「国語の力は音読を聞いただけでもかなりよくわかる」のだそうです。活字だけを追うようにとぎれとぎれに読む生徒は、「文法や構造に関する運用能力が身についていない」証拠。文節の間で何度もとぎれるようであれば、「単語の意味を理解するのに時間がかかっているかもしれない」。

音読のうまい子は、内容がわかっているだけでなく、周りにもわかるように読めている。つまり、「文章の朗読にあるにもかかわらず、自分の言葉として話せているということでもある。」

どうすれば音読がうまくなるのでしょうか?それには、やはり読書。幼い子には読み聞かせだと私は思います。普段から作中人物に自分を重ね合わせながら読んでいると、音読のときでもそのまま自然にできるのだと。「本をたくさん読めば読むほど、自然と音読がうまくなる」とあります。

うちの英語教室の生徒が英語絵本を音読するのを聞いていても、やはり同じようなことが言えます。普段から読書をよくする生徒は、英語であっても文章を読むのがとても上手い。感情を込めて読めるのでとても聞きやすい。ひとえに...言語能力の高さではないでしょうか。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌