生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくのこえがきこえますか
ぼくのこえがきこえますか (日・中・韓平和絵本)ぼくのこえがきこえますか
(2012/06/20)
田島 征三
童心社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「くにのために たたかえ」と
みんなに はげまされて、
ぼくは せんそうに いった。
かあさんだけが ないていた。
「さようなら。かあさん」

出版社より 対象年齢 小学1・2年~

戦争の絵本。「日・中・韓 平和絵本シリーズ」の一冊です。

「この絵本を描き上げたとき、ぼくは50年間、この絵本をつくるためにここまで歩いてきたんだと気づいた。」と著者が言うように、これはまさに渾身の力作です。絵が、ことばの一つ一つが、ものすごい力強さで心に迫ってきます。

当時小5の娘に読み聞かせましたが、途中から涙があふれて声になりませんでした。この絵本を思い出しては涙があふれてきます(今もそう...)。衝撃的な作品でした。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。