生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがたいこってす!
ありがたいこってす!ありがたいこってす!
(1994/11)
マーゴット・ツェマック
童話館出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
むかし ある小さな村に まずしい不幸な男が、母親と、おかみさんと、
6にんのこどもたちと いっしょに ひとへやしかない 小さな家に
すんでいた。家のなかが あんまり せまいので、男と おかみさんは
いいあらそいばかりしていた。
こどもたちは こどもたちで がたがた うるさくて、けんかばかり。
冬になると、ひるまはさむいし、夜はながいし、くらしは ますます
みじめになった。
小さな家は、わめきごえと、けんかさわぎで われんばかりだ。
ある日 このまずしい 不幸な男は、とうとう がまんができなくなって、
なにかいいちえは ないものかと ラビのところに いった。
 
出版社より 対象年齢 およそ7~8才から

ユダヤの民話。ラビ(ユダヤの法律博士、先生)が授けた解決法とは……。お金を一銭もかけずに知恵で困難を乗り切るお話は心に残ります。地味な絵ですが、愉快です。でも、本当に狭い!すみからすみまでじっくり鑑賞する娘(当時小5)でした。

(↓)少し内容が違いますが、こちらも痛快!

やかましい!
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。