生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
ぼくはねんちょうさん
ぼくは ねんちょうさんぼくはねんちょうさん
(2013/06/19)
サトシン、田中六大
小学館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺ-ジ】
あさ、えんに むかう ペースに
ついてこられない おかあさんを みて、
これだから おとなは……って おもっちゃう
ぼくは ねんちょうさん。

年長児の気持ちをユーモラスに描いた絵本。語り口調がおもしろくて、娘(当時小6)はクスクス笑って受けていました。確かにおもしろいのですが、受けを狙ったのが何だかみえみえで、私自身はしらけてしまいました。

麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』のなかで、おすすめの一冊として推薦されていました。

小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌