生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マッチ箱日記
マッチ箱日記マッチ箱日記
(2013/08)
ポール・フライシュマン
バグラム・イバトゥーリン
BL出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「この部屋の中で、いちばん好きなものを選んでごらん。そのお話をしてあげよう。」
「どれがいいかなあ。」
「おまえがこれだってものが、いいんだぞ。どれどれ、どんなものを選ぶのかな。ひいじいちゃんのわしも、たのしみだ。」

2014年度(第60回)全国課題図書 小学校中学年の部

マッチ箱に入った思い出の品を一つ一つ取り出して、ひいおじいさんが、ひ孫に自分の半生を語ります。読み聞かせをしていると、まるでひいおじいさんが読み手の自分にも語ってくれているような感覚になりました。

文章が長い絵本は、「もうダメ~、あとは自分で黙読して~~!」と娘に丸投げしてしまう私ですが(スミマセン)、今回は違いました。確かに長いのですが、すっかりお話にのめり込んで「もっと聞きたい!」とページをめくり続けました。

「これ、写真!?」とまるで写真のような美しい絵に何度も驚愕していた娘(当時小6)。本当に感動的な絵でした。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。