生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
くすのきだんちのなつやすみ
くすのきだんちのなつやすみ (くすのきだんちシリーズ)くすのきだんちのなつやすみ
(2013/07/01)
武鹿 悦子、末崎 茂樹
ひかりのくに
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
もぐは、くすのきだんちの
かんりにんです。
「じゃあ あと よろしく。」
1かいの きつねの おんがくかが
ドアを ロックしながら いいました。
「あ、えんそうりょこうですね。
ごせいこう いのってますよ。」
「ありがとう。」

くすのきだんちシリーズくすのきだんちシリーズの一冊。留守中におこるハプニング。読み手までハラハラ感が伝わってきました。最後に娘(当時小6)が「心あたたまるね」と言いました。

麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』のなかで、おすすめの一冊として推薦されています。「留守をする方に焦点を合わせたところが新鮮です」とありました。

小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌