生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13ヵ月と13週と13日と満月の夜
13ヵ月と13週と13日と満月の夜13ヵ月と13週と13日と満月の夜
(2003/05)
著/アレックス・シアラー
訳/金原瑞人
求龍堂
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
1 最初からは話さない

まず、わたしには、きょうだいがひとりもいない。気をつかう相手がいないから、自分で好きなようにできてうれしい。たいていはね。そりゃ、いやなときもあったけど、そんなにひどくはなかった。ほんのときたま、何もかもが味気なく思えたりするとき、まわりが大人たちばかりだと、同じくらいの年の子がそばにいたらいいなあって、考えたりしたことはある。
だれもがそんな気持ちになるのかどうかは知らない。―タンスの中の防虫剤になったみたいなあの気持ち。太陽の光に照らされた小さなほこりを見つめながら、昼からの時間をもてあましているときの気持ち。まるで目の前に砂漠が広がっているみたい。することもないし、行くところもないし、来てくれる人もいない、そんな気持ち。
庭で遊べばって母さんに言われても、そんなの考えだけでうんざり。もし本当に出てテニスの壁打ちをしたって、ボールを隣の家の庭に打ちこむのがおち。で、お隣さんのドアをノックして、裏庭のイラクサに刺されながらボールを探す。気持ちを盛り上げる方法はたったひとつ。別の世界へ逃げこむこと。でも、そんな世界どこにある?あったとしてもうやったら行ける?

ちょっぴり怖い?でも、とびきりおもしろいファンタジー。12歳の普通の女の子と魔女のお話。当時小6の娘が読みました。「奇想天外でハラハラドキドキした!!」と興奮。私も読みました。本当におもしろくて、何度も裏切られながら夢中になって読みました。「老い」にスポットライトが当たっていたのも新鮮でした。「若さ」についても考えさせられました。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。