生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のりができるまで
のりができるまで (しぜんにタッチ!)のりができるまで
(2013/11/12)
伏屋 満
ひさかたチャイルド
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
ぱりぱり のり。
おいしい のり。
のりって なに?

出版社より 対象年齢 3、4歳から

海苔の養殖を紹介した写真絵本。養殖過程を初めて見たのである意味感動しました。

ところが、出来上がったのりの束に目をまんまるにする娘(当時小6)。「これなに?」って。見たことがない海苔の束にびっくりしたのです。おなじみの「焼きのり」と呼ばれる状態にするためには、この後でもう一度機械にかけて焼く工程が加わるそうです。どうせならば、最後は小さくカットされたいつもの焼きのりの姿を見せてほしかったなあと思いました。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。