生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸の子ども ちょんまげのひみつ
江戸の子ども ちょんまげのひみつ江戸の子ども ちょんまげのひみつ
(2013/06/06)
菊地 ひと美
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
江戸の町の初夏です。たくさんの人が川のまわりにあつまっています。
男の人たちは、ちょんまげ姿ですね。
ひと口にちょんまげといっても、いろいろなかたちがあります。

出版社より 対象年齢 小学1・2年生から

いや~、実におもしろい!!こんなことならもっと早く読めばよかったです。文章が長い知識絵本はついつい敬遠してしまうのですが、実際に大きく書かれた文章だけを読むとそれほど長く感じませんでした。

江戸時代の子どもの髪型。現代となんて違うのでしょう!3・4才の女の子の髪型なんて、おもしろすぎて娘(当時中1)とお腹をかかえて笑ってしまいました(スミマセン)。物語の金太郎がどうしてあんなてっぺんだけを剃ったざんばらな髪型なのか、今初めて知りました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。