生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
わからん薬学事始1
わからん薬学事始1わからん薬学事始1
(2013/02/06)
まはら 三桃
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
1 旅立ち
島の小さな入り江を抜けたとたん、モーターボートがぐらりと揺れた。
「いい波ですよ」
正太郎がハンドルを持ったまま、体をひねって草多を見た。はしばみ色の目が細くなる。
正太郎はパッと見、白髪のダンディなおじさまで、いかにも大企業の役員風だが、島の漁師だ。
正太郎がおもむろに立ち上がった。百九十センチもの長身の背中が、草多の目の前に大きくそびえ立つ。正太郎は大きく風を吸いこむと、突然、エンジン音に負けない大声で叫んだ。
「木葉草多ぼっちゃん、これよりわが久寿理島から東京に向けて旅立ちます。ああ、神のご加護を」
「ぼっちゃんはやめてよ」

小学校高学年におすすめの本。シリーズ全3巻わからん薬学事始シリーズ。当時中1の娘が読みましたが、児童書に分類されている本です。主人公は高校1年生。舞台も高校と下宿先です。

妖怪アパートの幽雅な日常』チックで、謎解きの要素がある不思議なストーリーで、私も気に入りました。薬草のくだりも興味深かったです。

男女両方楽しめるお話なのに、表紙の絵がとっつきにくいのが残念です。小学校高学年の子が思わず手に取るような絵だったらよかったと思いました。
スポンサーサイト