生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
おやすみなさいくまくん
おやすみなさい くまくんおやすみなさい くまくんおやすみなさいくまくん
(2015/12/15)
パッツィ・スキャリー
リチャード・スキャリー
好学社
商品詳細を見るおやすみなさいくまくん

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「さあ、もう ねむるじかんよ」
おかあさんは よんでいた ほんを とじると、
くまくんに おやすみの キスをしました。

くまのおとうさんが寝かしつけをしようとしますが...何ともあたたかな親子のやりとりに心がほっこり満たされました。まるで自分がこぐまくんになったような臨場感も味わえます。

リチャード・スキャリーの丁寧で温かみのあるイラストも最高です。表情がまさに生き生きと描かれています。うさぎの親子までかわいいんです~♪ これぞ長く読み継がれるべき本物の絵本だという気がしました。

ただ、文章は長いです。気に入ったので連日読みきかせしたのですが、そのたびに当時中2の娘が「長いー!!」とぶーたれていました。そんな時は...セリフだけを読んであげるといいんですねー。七田チャイルドアカデミーの先生に教えてもらいました。でも、娘には一字一句かみしめながら読みましたよ。もう中学生ですからね。
スポンサーサイト