生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やらかし男子がみるみる変わる育て方: 小学生でもまだ間に合う!
やらかし男子がみるみる変わる育て方: 小学生でもまだ間に合う!脳科学者が教えるやらかし男子がみるみる変わる育て方
小学生でもまだ間に合う!
やらかし男子がみるみる変わる育て方: 小学生でもまだ間に合う!脳科学者が教える
(2016/1/27)
篠原 菊紀
小学館
商品詳細を見るやらかし男子がみるみる変わる育て方: 小学生でもまだ間に合う!脳科学者が教える

楽天ブックスで検索

脳科学者が書いた本で、薄い本ながら最新の有用な情報が詰まっています。「やらかし」だなんて失礼な呼び方だと思うのですが、キャッチーなタイトルをつけないと売れないのでしょうか。

長男が小学生の頃に学校でリコーダーを2回も失くし、叱り散らしたことがあります。仕方がないのでネットでリコーダーを購入して持たせました。(結局2本とも見つかりリコーダーだらけになりました!)未だに、めがねがないだの、携帯がないだの、失くし物は日常茶飯事です!やらかし男子の代表選手なのかもしれません。

やらかす男の子は、概してワーキングメモリー(何らかの作業を行うための短期的な記憶)を鍛えるといいらしいです。親子でできる脳トレ遊びがいろいろ紹介されていて、参考になります。

また、「思いつくまま動き回り、集中して話をきけないのは、ガマンする力が足りないから」とありました。幼少期に抑制力が低い子どもは、成長しても家庭や学校で問題を抱えている率が高く、学力も低い研究結果も出ているそうです。我慢する力は生活の中で鍛えることができ、効果的なトレーニング方法が紹介されています。

他にも次のような悩みを解決するヒントが満載です。

忘れ物が多い
ものを失くす
片づけられない
勉強嫌い
ゲーム中毒
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。