生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がっこうだってどきどきしてる
がっこうだってどきどきしてるがっこうだってどきどきしてるがっこうだってどきどきしてる
(2017/2/21)
アダム・レックス (著)
クリスチャン・ロビンソン (イラスト)
WAVE出版
商品詳細を見るがっこうだってどきどきしてる

【最初のページ】
こうじの くるまが はしりまわって、
あなを ほり、 はしらを たて、 れんがを つみあげて、
ぴかぴかの あたらしい たてものを つくりました。
ドアの うえには 「がっこう」と かいてあります。

学校に通う子どもたちではなく、新しく建てられた学校自体が主人公というところがおもしろい!生まれたばかりの学校もドキドキしているのです。学校嫌いの生意気な子どもたちや、「学校が嫌だ」と泣きながら親に抱きかかえられ登校する子どもに心が傷つきます。

学校が不安で行きたがらない子どもたちも、同じような気持ちの学校と少しずつ成長するその姿に励まされることでしょう。長めの文章でしたが、娘(当時高1)は最後までじっと耳を傾けていました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。