生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
もめんのろばさん
もめんのろばさん
わたり むつこ、降矢なな
(2007/10)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

アマゾンで検索

【最初のぺージ】
もめんのろばさんは、けんの チョッキと おなじ きれで
できていました。
たてがみと しっぽの さきは けいと。めは くろい ボタンです。
けんの おかあさんが、チョッキの のこりぎれで つくってくれたのです。
けんは、ひとめで その ろばさんが すきになりました。
「ろばさん、いっしょに あそぼうね」

出版社より 対象年齢 5歳~

ビロードのうさぎ」や「くまのコールテンくん」をほうふつさせました。ストーリー的には目新しさがなく、予想のできる展開でした。ただし、読んだ後には心があたたまる良いストーリーであることには違いありません。

降矢ななさんのあたたかくて愛情あふれる絵が素晴らしいです。わが家の子どもたちは、絵本のすみずみまでよく見て、「ぶたさんのおしりがおもしろい」とか「こんなところに~~がいる」と毎回のように言っていました。

こよみともだちこちらもおすすめ

こよみともだち

お正月に読みたい絵本。
同じ作家わたりむつこさんの
絵本です。


検索キーワード: クリスマス絵本 降矢なな
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌