生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
おとうさんがおとうさんになった日
おとうさんがおとうさんになった日 おとうさんがおとうさんになった日
長野 ヒデ子 (2002/05)
童心社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おとうさんはね、もうすぐうちで あかちゃんが
うまれるから、きゅうかをとったんだよ。

出版社より 対象年齢:3歳~小学校1・2年生

おかあさんがおかあさんになった日」(第41回サンケイ児童出版文化賞、第4回けんぶち絵本の里びばからす賞)の続編。3人目の自宅出産をお父さんの視点から描いた絵本。

お母さんは、赤ちゃんが生まれてお母さんになったの?じゃあ、お父さんは、いつお父さんになったの?どうしてお父さんになったってわかったの?赤ちゃんを産まないのに、どうしてそう思ったの?...子どもの疑問にお父さんが答えます。

パステルのえんぴつ画が優しくて、心あたたまる絵本です。文章のひとつひとつも素晴らしく、共感しました。

お父さんだけをフォーカスしたのではなく、お母さんの出産の場面や子どもたちの様子や気持ちも丁寧に描いていて、親子で気に入りました。「おかあさんがおかあさんになった日」よりも「ひねり」や「お楽しみ」が多くて、私はこちらのほうが好きです。

おかあさんがおかあさんになった日こちらもおすすめ

おかあさんがおかあさんになった日

2冊合わせてどうぞ


検索キーワード: パパ お父さん おとうさん 出産 命 赤ちゃん あかちゃん
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌