生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
ミッフィーのどうぶつだあれ
ミッフィーのどうぶつだあれ
(2003/08)
ディック ブルーナ、星 けい子
講談社
商品の詳細を見る

アマゾンで検索
【最初のぺージ】
つみきの トンネル
かくれんぼ だあれ

赤ちゃんにぴったりのかわいい仕掛け絵本。かなり丈夫な手のひらサイズ(11.4 x 11.4 x 1cm)のボードブックです。お出かけにもバッチリですね。

赤ちゃんの視覚に訴える原色のはっきりした色づかいと太い線。ぶた、ひつじ、あひる、うしといった動物がかくれんぼ。それが絶妙な隠れぐあいなんですよね。

鳴き声も一緒に書かれているところが教育的。ぶたは「ぶう ぶう」、ひつじは「めえ めえ」、あひるは「があ があ」、うしは「も~う も~う」。全てにおいてセンスが光る良い絵本です。

他のシリーズも人気です(↓)
      

検索キーワード: 赤ちゃん絵本 しかけえほん 仕掛け絵本 しかけ絵本 お出かけ 外出時 電車の中 動物 どうぶつ プレゼント
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌