生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
まんじゅうこわい
落語絵本 まんじゅうこわい (落語絵本 (2))まんじゅうこわい
(1996/03)
川端 誠
クレヨンハウス
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
きょうは、町内のわかいもんの、
えんかいなんですが、どうせひまだからてんで、
はやくから、なかまがあつまりまして、
みんなで、わいわいやりはじめました。
わだいはといいますと、
それぞれに、じぶんのきらいな、いきものを、
いいあおうじゃないか、
ということになりまして、

日本図書館協会選定図書

小学校の高学年で落語の単元があるそうです。そのために先取り、ではないのですが、川端誠さんの落語絵本シリーズは親子で大ファンで、全巻読破しようとがんばっています。

まんじゅうこわい」は、当時年長の娘も楽しめた(意味がわかった)絵本でした。読み聞かせる私も、間やテンポに配慮して、おもしろおかしく読みました。落語独特の粋なオチもすんなり理解できたようで、「ウソばっかり~!」と言っていました。(よかった~!)

検索キーワード: 落語絵本 川端誠 まんじゅう
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌