生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
おにいちゃんにははちみつケーキ
おにいちゃんにははちみつケーキ おにいちゃんにははちみつケーキ
(2006/04/01)
セバスチャン ブラウン、ジル ローベル
主婦の友社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
コンタは
おにいちゃんに なりました。
おとうとの マメタが
うまれたからです。

「ねえ ママ、 それ
ぼくの ベッドだよ」
コンタは ちいさな こえで
いいました。

ママは わらいました。
「これは あかちゃんの ベッドよ。
コンタは もう おおきいでしょ」

出版社より 対象年齢 2才から

「弟(や妹)に少しは優しくしなさい!」なんて親はつい言いがちです。ところが...親から優しくしてもらって、下の子以上に充分愛情を実感し、心が満ち足りている子でなければ、下に優しく接することはできないのですね。(子は親の鏡です)

お話のなかでは、最後に親の愛情を確認できたコンタ(兄)が、大きくなったら、お兄ちゃんがケーキを分けてあげるよ、と弟に言うセリフがあります。まさに、そういうことですね。

赤ちゃんが生まれて、お母さんを弟に取られたという、子どもの心の叫びが随所に「ことば」になってあらわれています。これを親が読み聞かせてくれると、子どもの心からストレスが取り除かれてスッキリするのではないでしょうか(^^)。

「子育てに役立つ絵本」とは、まさにこの絵本のことですね。特に兄-弟のご家庭にはピッタリのシチュエーションです。

私個人の好みですが、登場人物がきつねの親子ではなく、人間の親子であれば、もっとよかったと思います。リアルすぎてダメなのかな。ストーリー・翻訳はすばらしいです。

ちょっとだけこちらもおすすめ

ちょっとだけ

姉-妹パターンはこちら!
涙なくして読めない感動作


検索キーワード: 出産 赤ちゃん 2人目 お兄ちゃんになる 弟が生まれる
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌