生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
しにがみさん
しにがみさんしにがみさん
(2004/03)
野村 たかあき

商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
えどのまちの わかいふうふが、あかちゃんを さずかった。
しかし、たべものをかう おかねにも こまってしまった。
おかねは できたのかい。
できないよ。
わずかばかりの おかねも できないのかい。
あっちこっち、まわったんだよ。
それが、おっとにいうせりふかい。
なにいってんだい。
おかねができないなら
とうふのかどに あたまぶつけて しんじまいな。
・・・。

何というブラックユーモア!最後のオチに絶句してしまいました(笑)。あ~、こわ。落語絵本ですが、娘(当時年長)にもオチが理解できました。

読めば読むほどおもしろいお話です。何とも間の悪い、だらしない主人公が、それ相応の報いを受けるので、「こわい」けれど「それみたことか」ですね。ちょっとキツイかな。

初めて読み聞かせる時は、少し練習が必要です。登場人物に合わせ、声色を変えないと、内容がわかりにくいのです。落語らしい間とテンポで読むといいですね。

">黒グルミのからのなかにこちらもおすすめ

黒グルミのからのなかに

フランスの死神って...


検索キーワード: 落語絵本 死 死神 命
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌