生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
くまのコールテンくん
くまのコールテンくんくまのコールテンくん
(1975/05)
ドン=フリーマン、まつおか きょうこ
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
くまの コールテンくんは、はじめ、おおきな デパートの
おもちゃうりばに いました。
おもちゃうりばでは、どうぶつも、にんぎょうも、みな、
はやく だれかが きて、じぶんを うちに
つれていってくれないかなあと、おもっていました。
コールテンくんも、まいにち そう おもっていました。

出版社より 対象年齢 3、4才から
ほるぷのこりすコース(幼児期)、メルヘンハウスの年中(4~5才)の配本。

海外名作ロングセラー絵本。デパートのおもちゃ売場に置かれていたくまのお人形と少女リサとの心のふれあいが描かれています。心があたたかくなるお話です。お人形の小さな冒険がさらに子どもたちの心をとらえます。

上の子が3才の時によく読み聞かせした絵本ですが、7才になって本人は「全く覚えていない」と言います。娘も同様、まるで初めて読み聞かせしてもらったように聞いていました。誰もが知っている名作絵本といえど、やはり親が読み聞かせしてやらないと、触れることはないのかもしれません。

一生、読書好きになる本の選び方』で良書として紹介されていました。

最新版・一生、読書好きになる本の選び方 (学研ムック)

また、麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』のなかで、おすすめの一冊として推薦されていました。

小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌