生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
ひよこのコンコンがとまらない
ひよこのコンコンがとまらない―北欧のむかしばなしひよこのコンコンがとまらない
(2007/07)
ポール・ガルドン
ほるぷ出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかしむかし、めんどりのコッコさんが、
ひよこのタッペンをつれて もりにでかけました。
おいしいたねが おちていないかと、くさをかきわけ、
じめんをつつきながら、いちにちじゅう あるきまわりました。

日本図書館協会選定図書
出版社より 対象年齢 2、3才から

北欧につたわる昔話だそうです。こびとが出てくる場面など、さすがに絵や雰囲気に異国情緒があって、新鮮な印象を受けました。タッペンというヒヨコの名前もかわいらしくて、心に残ります。

くり返しの文章は正直読むのがしんどくなりましたが、子どもたちはそのくり返しを予測し、楽しんでいたようでした。出版社は2、3歳からとしていますが、2歳には少し長いお話だと思います。

検索キーワード: 北欧 スカンジナビア ポール ガルドン ひよこ ヒヨコ
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌