生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
なぞなぞライオン
なぞなぞライオン (おはなしパレード)なぞなぞライオン
(1997/02)
佐々木 マキ
理論社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
なぞなぞライオン

秋のある日、女の子が森できのこをとっていると、
「こども、おまえをたべてやる!」
と、さけびながら、人食いライオンが草むらから
とび出してきた。
女の子はあわててにげようとしたけれど、すって
んころりんと、ころんでしまった。ライオンが大きな

1998年課題図書(小学校低学年の部)

ライオンとなぞなぞ、ヘビと早口ことば、サイとしりとりバトルをする女の子のお話が3話入っています。各話オチがあって、おもしろいです!思わずクススッと笑ってしまいます。

字が大きい幼年童話。言葉遊びや展開がおもしろいので、初めての幼年童話にもおすすめです。実は、娘(当時新小1)が初めて自力で読んだ幼年童話。長くないお話なので、読破でき本人も誇らしげでした。

ぶたのたねこちらもおすすめ

ぶたのたね

こちらは幼年童話ではなく絵本です。ユーモアたっぷり。


検索キーワード: 幼年童話 課題図書 ユーモア
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌