生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
海のおばけオーリー
海のおばけオーリー海のおばけオーリー
(1974/01)
マリー・ホール・エッツ、石井 桃子

商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
1 あるみなとのそばの海(うみ)べで、アザラシのあかちゃんが、
うまれました。まだ小さくて、海に、はいれません。おかあさんの
そばで、ただ、ねているだけでした。

2 ときどき、おかあさんは、あたまをあげて、あかちゃんのようすを
見ました。

3 それから、あかちゃんのかおを、なめてやり、また、ねむりました。

4 そのうち、おかあさんは、おなかが、すいてきました。そこで、海に、
はいっていきました。あかちゃんが、うまれてから、いく日も、いく日も、
ごはんをたべていなかったのです。

出版社より 対象年齢 小学1.2年以上

もりのなか」で有名な5マリー・ホール・エッツの作品といえど、「親子で書こう!100さつ読書日記―フィンランド・メソッドで本がすきになる」の指定図書でなければ読まなかったでしょう。変な漫画仕立ては、好みではありません。中身は白黒です。

親子で書こう!100さつ読書日記

それが、読んでみると、なんとおもしろい!!ぐいぐい引きこまれるお話です。親子愛に人情。あたたかさが伝わってくる絵本です。お話は長く、一日では読み切れませんでしたが、子どもたちも(当時小3と小1)続きを楽しみにジッと聞き入っていました。後半は構成にメリハリも効いていて、すごくよかったです。何とも「ぜいたくな」一冊を久しぶりに味わいました。

もりのなかこちらもおすすめ

もりのなか

こちらも、「親子で書こう!100さつ読書日記」の指定図書です



検索キーワード: あざらし アザラシ 愛
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌