生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
ラチとらいおん
ラチとらいおんラチとらいおん
(1965/07)
マレーク・ベロニカ、とくなが やすもと
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
このいえに、ラチという おとこのこが すんでいます。
ラチは、せかいじゅうで いちばん よわむしでした。

厚生省中央児童福祉審議会推薦
全国学校図書館協議会選定
日本図書館協会選定
大阪市立中央図書館選定

出版社より 対象年齢 4才から
童話館小さいさくらんぼコース(およそ5~6才)
絵本ナビ3-4才コース(2月)の配本

いつも弱虫のラチが、マスコットライオンの助けをかりて勇敢な子どもになっていくようすを描いたこの絵本。私好みの絵本ではないので、今まで読み聞かせしたことがなかったのですが、ロングセラー絵本にはそれなりの理由があることに納得。

お話の内容が非常に子どもの胸に届くんですね。真っ暗な部屋に入るのがこわいラチの姿を見て、「一緒!!」と大きくうなずく息子(当時小3)。勇気を出してこわい犬を克服する姿。こわい男の子に立ち向かう姿。自分たちの日常にもあるような出来事がおおいに共感を呼んだのでしょうね。勇気がもらえる絵本です。

一生、読書好きになる本の選び方』で良書として紹介されていました。

最新版・一生、読書好きになる本の選び方 (学研ムック)

また、麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』のなかで、おすすめの一冊として推薦されていました。

小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚

ラチとらいおん らいおん Sこちらもおすすめ

ラチとらいおんぬいぐるみ

子どもが喜びそう!
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌